MoY architects' / 山 本 基 揮 建 築 設 計 の | BLOG / ブログ | WORKS / 仕事 | PROFILE / 略歴 | CONTACT / 問合せ |

 

50sqm Seoul / "REMOVE THE WALL & WRAP THE UTILITIES" / ソウルの50平米

 

This is a proposal for the publication and the exibition "NEXT HOME Soeul" projected by STUFF and It's required to focus on the 50 sqm houseing UNIT.

We offer a simple, easy and versatile method to modify the typical 50 sq m unit plan and this is also a proposal to show that each room doesn't need to have specific function and living itself can't be divided by the wall.

Abr. of the method “Remove the wall and wrap the utilities !!” is bellow.

1. Remove the walls of the bedrooms.

2. Wrap the utilities with anything you like.

AS A RESULT, the space is gently divided into two spaces by two boxes.

 

IN CONCLUSION,

Be free from the wall which forces to divide our strings of our lives.

It is true that spaces define our activities but we can change the space to meet our activities.

 

 

 

STUFFの企画による展覧会と出版物 "NEXT HOME Soeul" のための提案。高密化するソウルの住宅に対する分析とそれを踏まえたうえでの、50㎡の住戸ユニットの提案が求められました。 

私たちの提案は“Remove the wall and wrap the utilities !!” という手法です。これは現在、市場に供給されている、韓国の典型的な50㎡住戸ユニットの誰でも簡単にできる、単純、かつ融通の利く、改修手法であるとともに、部屋そのものに機能があるのではなく、生活そのものは壁で区分けすることはできないということを明示するものです。

“Remove the wall and wrap the utilities !!”の要約は以下の通り。

1. 寝室の壁を壊す。

2. トイレ・風呂・キッチン・寝室を好きな材料で包む。

結果 / 余剰スペースは緩やかに二つにわかれる。

 

結論

生活の連なりを制限する壁から自由であれ。

空間は私たちの行為を規定するが、私たちは行為に合わせて空間を変えることができる。

 

 

         
Type : houseing unit   用途 : 住戸ユニット
Location : Seoul   場所 : ソウル
Design : 2017, 8   設計 : 2017, 8
Area : 50 ㎡   施工 : 50 ㎡
Publication : NEXT HOME Seoul   出版 : NEXT HOME Seoul
Organizing : STUFF   企画 : STUFF