MoY architects' / 山 本 基 揮 建 築 設 計 の | WORKS / 仕事 | PROFILE / 略歴 | CONTACT / 問合せ |

 

Apartment Ishikawadai / 石川台のアパート     

This is a renovation of an apartment. In order to make clear the hidden composition in the previous plan with " three boxes and in-between space", some walls, doors and ceilings are removed and each box wrapped by differnt material. This is a trial to achieve a big effect by small changes.

Three boxes, each of which contains toillet, kitchen or bedroom, have niches like a bench, a tatami room or a cabinet, which creates various scenes in the daily life. The view from the tatamiroom to bedroom is diagnaly passing through the living space, which makes this apartment larger than in reality. The sunken blue tile space along the window and the baseboard in the bed room which is wider than usual offer space for miscellaneous goods. Finally, the rough-texture beam through the apartment has an effect to accomodate the mixture of various materials and different-style things.

 

 

集合住宅の一室の改修。遮音性能を確保するため、床を全体的に10cmあげ、低くなった天井を取り払い、使えなくなった建具を撤去する。その結果、既存の計画に埋もれていた 3つの箱とその間 という構成が浮かび上がりました。間取りは基本的に変えることなく、扉を撤去する、扉の位置を変更する、カーテンで仕切るというように、それぞれの個室と共用部の関係を見直し、一般的なnLDKに回収されない住まい方を可能にしています。小さな引き算と足し算で空間的に大きな成果をあげることを試みました。

トイレ、キッチン、ベッドルームが納まるそれぞれの箱は異なる素材で仕上げられ、それぞれにベンチ、小上がり、飾棚、収納といった小さなスペースを設けることで、箱の間での生活に様々なシーンが生まれます。小上がりからベットルームまでの視線の抜けは空間的な広がりをもたらし、青いタイルの縁側や通常より幅広のベットルームの幅木はモノに居場所を与えます。また、中央の梁に解体時のラフさをそのまま残すことで既存の建具やキッチン、むき出しの配管やラワン合板、ヘリンボーンの床と畳、様々なスタイルの生活雑貨といった多様なものを許容する寛容さがうまれています。

 

 

         
Type : Apartment, Renovation   用途 : 住宅, 改修
Location : Tokyo   場所 : 東京
Design : 2015, 3   設計 : 2015, 3
Construction : 2015, 4-5   施工 : 2015, 4-5
Area : 80 ㎡   面積 : 80 ㎡
Photo : Motoki Yamamoto   写真 : 山本基揮
Media : designboom   掲載 : designboom
  architecturephoto.net     architecturephoto.net